DMMモバイルの通話料について

DMMモバイルの通話料は20円/30秒(税込21.6円)。これは他のMVNO業者でも使われている一般的な通話料ですが、大手キャリアと比較するとやはり割高。ドコモやau、softbankのような通話定額プランが存在しないため、格安SIMはどうしても通話料が割高になります。普段の通話頻度が多いという方は場合によって割高になるので注意して下さい。

 

月にどの程度通話する人なら格安SIMはお得?

例えばドコモを例に挙げます。ドコモでは現在「カケホーダイ」という通話料定額プランが存在します。このカケホーダイプランは月額2700円(ガラケーの場合は2,200円)。

 

ドコモのスマホを使っており、月に2GBの通信量の「データSパック」を利用していると、月の料金は以下の通り。

 

カケホーダイ(2,700円)+データSパック(3,500円)+spモード(300円)=6,500円

 

※割引・端末代・消費税は考慮せず

 

月の通話時間が30分の場合

月の通話時間が30分程度の場合でも、ドコモは料金が定額なので6,500円ですね。では、DMMモバイルを使っている場合はどうなるのか?というと、基本料金は以下の通り。

 

通話SIM2GBプラン(1,470円)+通話料30分(1,200円)=2,670円

※端末代・消費税は考慮せず

 

なんと4,000円近く料金を抑えることが出来る計算になります。これは年間にすれば48,000円もの節約に!通話頻度が少ないのであれば、DMMモバイルへ乗り換えてしまった方がかなりお得になるのが分かりますね。

 

月の通話時間が150分の場合

では、月の通話時間が150分、日に5分程度通話をする人の場合はどうなるのか?計算してみると・・・

 

通話SIM2GBプラン(1,470円)+通話料150分(6,000円)=7,470円

※端末代・消費税は考慮せず

 

なんと今度はこちらの方がドコモよりも1,000円近く高くなってしまいます。

 

 

このように、通話の頻度が高い人は格安SIMに変えた場合に割高になるケースもあるので気を付けてください。

 

 

通話アプリリリースの情報

DMMモバイル公式ページにおいて、2015年9月に基本料0円で通話料が半額になるアプリをリリースするというアナウンスが行われています(iOS/Android対応)。もし、このアプリがリリースされればDMMモバイルはさらにお得に使えるようになるかもしれません。続報があれば追記します。